トゥールビヨンを買う。

編集部、佐藤です。
時計好きなら一度は憧れる、コンプリケーションウオッチ。
パーペチュアルカレンダーやらミニッツリピーターやらいろいろとありますが、忘れていけないのは、そう。
トゥールビヨン。
数百万円は当たり前というハイエンドウオッチでしたが、近年は価格破壊が進んで数十万円でも購入できるモデルが登場しています。


手に入りやすくなったとはいえ、なかなか手にする機会はありません。
そんな人にはこちらがオススメ↓↓↓
TF68_B.jpg
トゥールビヨンのキャリッジを使用したカフリンクスであります。
時計ではないですが、コレ欲しくないですか!?
カフリンクスって意外に個性的なモチーフのものが多いんですよね。
ルパン3世の『カリオストロの城』で出てくる伯爵リングとクラリスリングをモチーフにしたカフリンクスがあったのですが、
恥ずかしながら即買いしたことがあります。ルパン大好きなので。
とまぁ、そんな個性的なデザインの多いカフリンクスのなかであってもこれは抜群に目立ちます。
そもそも、カフリンクスって個人の趣味など、その人の人となりを表すものを選ぶことが多いですが、時計好きなら手に入れたいところじゃないでしょうか?
色もSS風だけでなく、YGやPG、あるいはコンビなどいろいろあるようです。
個人的に「コレはっ!?」と思ったのは、こちら↓↓↓
Manchette_A6_5.jpg
普段はゴールド系のカラーはあまり選びませんが、カフリンクスならこれくらいの存在感があっても良いでしょう。
これに限らず、実は小型の時計をそのままカフリンクスにしたものや極小のムーヴメントを使用したものなんかも、巷では売っているようなので、計好きの人はこんな変わり種はいかがでしょう!?


コメントは受け付けていません