初めて買った腕時計

編集部、佐藤です。
突然ですが、みなさんは初めて買った腕時計ってどんなものだったか覚えてますか??


私が初めて手にした時計は、G-SHOCK。中学生になったことだし、時計が必要だろうと親に買ってもらったで、暗闇で鮮やかにブルーグリーンに発光するELバックライトを搭載したFOX FIRE(フォックスファイアー)シリーズでした。気に入って着けていたのですが、部活動の際に外してグラウンドに置いていたら、盗まれてしまいそれっきり。非常に悔しい思いをしたのを覚えています。
そんなことがあったことから、それからは腕時計を着けることも、腕時計への興味もあまりなくなってしまったのですが、自らこの時計が欲しいと強く物欲刺激されたのが、大学生の頃。憧れた時計というのが、シチズンのアナデジ テンプ(正式名称はシチズンサーモセンサーというらしいです)というモデルです。温度計が付いているのですが、腕に着けていると体温のせいで温度が上がってしまうという良くわからない時計(外しておいておけば、結構良い感じで温度を計ってくれるのですが)という素敵すぎる時計で、なにより見た目がかっこ良かったんです。
二つのアナログダイアルと三つのデジタル液晶表示を持った、バイクやクルマのメーターのようなデザインで、しかも私が憧れたのはゴールドカラー加工されたモデル。レトロフューチャーな雰囲気がたまりませんでした。この時計が、初めて自分で意識して買った腕時計でした。
話が長くなってしまいましたが、いつものように時計を探していて、そんな当時のことを思い出させてくれるような個性的な時計と出会ってしまったんです。
それがコレ↓↓↓
eos.jpg
EOS NEW YORKという海外のメーカーの時計なんですが、このルックス!
どこからどう見ても懐かしのカセットセープ!
しかも、個性的なのは見た目だけじゃありません、テープが内蔵されていて60分でテープが巻き取られるというなんだかよくわからないギミック付き。
日本では売っていない(海外にWEBサイトがあるのですが、それがコチラ)ようですが、いやー、実物が見たい!!!


コメントは受け付けていません