やはし、忠実顔って良いなぁ。。。

編集部、佐藤です。

 

TUDOR

突然ですが、上の写真の時計。時計好きの方なら、ご存知でしょう。

レッドトップのベゼルに先端ドット秒針、ゴールドレターのサークルインデックス、そしてブランド名とともにあうしらわれた小バラモチーフ。

そう。ロレックスのサブマリーナからスピンオフした、チュードル版サブマリーナのファーストモデル!

 

・・・のように見えますが、これが当時のオリジナルモデルではありません。

じゃあ、何なのというと、これはチュードル版サブマリーナの復刻モデル、現行チュードルのダイバーズウオッチラインであるヘリテージ ブラックベイなんです。

ただ、こんなモデルなかったはず! と言う方もいるでしょう。正しいです。写真のようなモデルはラインナップされていません。

 

実はこれ、筋ジストロフィー症の研究資金サポートのために多くのウオッチブランドの協賛を得て行われるウォッチオークションに“オンリー・ウォッチ”の2015年オークションに出品するために作られたものなのです。
このオンリー・ウォッチ世界初のチャリティオークションとして有名なんですが、特徴はその名の通り「各ウオッチブランドがこのオークションのために、世界でただひとつのスペシャルモデルを提供する」ということ。

この時計も世界にただひとつのモデルなんですねー。

どのくらいの落札価格になるのかも気になりますが、オリジナルモデルと見紛うほどの再現度!

世界に一つと言わず、このデザインバージョンもラインナップされれば良いのに。。。

 


コメントは受け付けていません