エテルナが・・・

編集部、佐藤です。
突然ですが、「エテルナ」というウオッチブランドをご存知でしょうか??


エテルナは1856年、スイス・グレンヘンに設立されたムーブメント製造会社「ジラール&シルト」を出自にもつブランドですが、どちらかというとETA社との関係のほうで知られているのではないでしょうか?
というのも、1932年にエテルナの他社へのムーヴメント供給部門が分離され、これが現在のETA社の前身になっているんですね。
その後もエテルナではムーヴメント開発が続けられていて、1948年には自動巻きのローター軸にボールベアリングを採用して巻き上げ効率を向上させたムーヴメントを開発しています。これは今の自動巻きモデルのほとんどに見られる特徴です。
機械腕時計の栄枯盛衰もあり、エテルナは1995年にポルシェデザイン傘下に入り、日本で展開されることはありませんでした。
そんなエテルナが、この度ポルシェデザインから中国の会社へと売却されたというではありませんか!
エテルナといえば、今も自社でムーヴメント開発を行っているブランドで、近年も角形のムーヴメント発表しています。
1951_Eterna_Madison_small.jpg
上は角形専用として2010年に発表されたCal.3510。下の時計はこのCal.3510を搭載したマディソン エイトデイズ。ビッグデイト表示にパワーリザーブインジケーターまで備えた8日巻きのロングパワーリザーブモデル。今後こんな高性能な機械をもつ中国製モデルが登場したりする?
1951_Eterna_MadisonEightDays_big.jpg
今後の具体的な中国の会社とのどのような動きを見せるのかはわかっていませんが、エテルナの技術をベースに中国製ムーヴメント開発が進んだりするんでしょうか??
気になるところです。


コメントは受け付けていません